記事一覧

ぼくの命は言葉とともにある (9歳で失明、18歳で聴力も失ったぼくが東大教授となり、考えてきたこと) 単行本 – 2015/5/30 福島智 (著)




3歳で右目を、9歳で左目を失明、14歳で右耳を、18歳で左耳を失聴し、
光と音の世界を喪失した福島智氏。氏は当時のことをこう綴っている。

「私はいきなり自分が地球上から引きはがされ、この空間に投げ込まれたように感じた。
自分一人が空間のすべてを覆い尽くしてしまうような、狭くて暗く静かな『世界』。
ここはどこだろう。(中略)私は限定のない暗黒の中で呻吟していた」

著者はまず他者とのコミュニケーションをいかに復活させ、
言葉=情報を再び得ることができるようになったかを語る。
だがそれはプロローグにすぎず、自ら生きる意味を問い、幸せの在処を探し求める。
その深く鋭い思索の足跡は、両親や友、師との交流に始まり、フランクルや芥川龍之介、
北方謙三といった人物たちの著書や谷川俊太郎、吉野弘の詩、
はたまた落語にまで及んでいく。

苦悩の末に著者が見出した生きる意味、幸福の形は読む者にもまた
深い思索をもたらしてくれるであろう。

人間と人間が本当に繋がり合うとはどういうことか、仲間との信頼関係を築くためには
何が大事かといったことが説得力を持って迫ってくる。










想像もつかない過酷な中での素晴らしい話。

投稿者ぴょんきち2015年8月23日
Amazonで購入

目も見えない、耳も聞こえない中で、

いかに自己を確立し、社会に適応し、

社会活動をされているのか。

想像を遥かに超えた状況下での、

飾らない生きるエネルギーが感じられる素晴らしい本。




命とともにある言葉

投稿者e-komo2015年6月3日

普段何気なく行っているコミュニケーションが、

こんなにも深く、人間にとって意味を持つものなのかと思った。

そして、何気なく使っていた言葉も。著者にとって、

言葉を発することと、受け取ることはきっと命懸けの行為のはずだ。

自分の命が言葉とともにある。僕もそんな生き方をしていきたい。




ぼくの命は言葉とともにある に込められた意味の重さ、深さ、

投稿者チェ2017年5月24日
Amazonで購入

NHKのSWITCHという番組で、

女性の科学者と対談しているのを拝見して購入しました。

特徴的な力強く甲高い声が印象的でした。

大好きな志ん生のようなしゃべり方も気に入りました。

おっしゃることすべてが「その通りだなぁ」と感じることばかりで、

しかもユーモアがある!

見えず、聞こえずという方なのに読書家らしく、

複数の本からの印象的なフレーズが

ポンポン出てくるのには大変驚きました。

文章は読みやすく、

話し言葉と同じような小気味よいテンポで進んでいきます。

福島さんは「神様からの選ばれし者」である、と感じました。

自分の生き方のナント薄っぺらいことよ! 


 同じことはできないけれど、

これからの生き方や考え方には

多大な影響を受けました。

ぜひ読んでいただきたいです。

















IMG_2127.jpg











  お願い
  ブログ更新を登録メールで受取る様にする場合

 スマホサイトでは、最下部付近の検索やプロフィルなどをのせた一覧に赤文字であります。

 PCサイトでは、右側の一覧に黒文字で有ります。






検索 当ブログ内のタイトルや文章内の文字






当ブログへのご注文や、お問い合わせ
















株式会社 本物研究所様 の販売店です。



ワンクリックで応援願います
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ








関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ついろぐ twilog

当社IDは、@nishikitoshioです

営業本部長の日々

旧ブログの一つです

当社 ユーチューブ 動画

当社はnishikitoshioのIDになります

ブログ更新を登録メールで受取る

登録された、メールに送ります

このブログ内 検索

ブログのタイトルだけでなく文章内の単語も検索できます

お問い合わせ

QRコード

スマートフォンで閲覧
QR

YAHOO ショッピング

楽天  ショッピング

 

Amazon  ショッピング

お役立ち コーナー

プロフィール

株式会社 サンタナアップ ホットライフ

Author:株式会社 サンタナアップ ホットライフ
 会社組織や一市民として社会になにがしか、お役にたてられる様に、健康や趣味、暮らし、活力や癒しを本物、一流、心のこもった商品、それに携わる人々の心情、信条、理念を探求してまいります。

 文章的に稚拙すぎて我ながら歯がゆい思いをしています。

 どうか皆さまから教えていただきたくお願いします。

 また、当方を通じてアマゾン様、楽天様、経由で商品ご購入の皆さまコメントの投稿などを通じて交流していきたく考えています。

 皆さまが嬉し、楽し、幸せを願ってこのブログが進化していくように努力してまいります。

 ご訪問ありがとうございます。