記事一覧

Dr.林&今の 外来でも病棟でもバリバリ役立つ! 救急・急変対応 (メディカのセミナー濃縮ライブシリーズ) 単行本 – 2017/9/27




おめでとうございます。

本書を手に取ったあなたはエライ!

思い描いてください…本書を読破したあなたが一人でも

多くの患者さんの命を救える凛々しい雄姿を! …パチパチパチ。


あ~、あの、あやしい勧誘ではありませんので、あしからず。


ありがたいことに10年を超える長寿セミナーの書籍版が出版されることになりました。

セミナー未受講で放送コードにひっかかるような話を聞きたい人は

ぜひセミナーに足を運んでいただき、セミナー受講済みの人は

あの臨場感を思い出しながら本書を読んでくださいませ。


歩いてくる患者さんの0.2~0.7%にはとんでもない重症が隠れています。

当たり前の疾患を当たり前に対処するのはボチボチナース、

重症患者をテキパキ対処できれば名人ナース、

でも隠れ重症患者を見つけ出して悪化する前に救命するのは達人ナースなのです。


そう、本書であなたは達人の領域に一歩近づいたことになります。


某国民的番組の『ドクター○(ジジィ?)』では

見たこともないような難解な疾患が出てくるけど、

実臨床はよくある怖い疾患が非典型的症状でやってくるんだよね。

「傾聴」はもちろんコミュニケーションの基本。

だけど、ワンステップ進んだ「看護診断学」(…なぁんて小難しいこと言わないで、

隠れ重症を常に考えながら、恐い疾患とよくある疾患を頭に並べて、

患者さんに積極的に訊いていく)を心に秘めて、

患者さんの心を鷲掴みできるバリバリナースになるんだぁ!


本書では、トリアージ総論やよくある主訴を取り上げてありますので、

皆さんの日常臨床のお役に立ててください。

各疾患の理解を深めるだけでなく、

「なんで?」「どうして?」がわかると自然に患者さんのアセスメントもしっかりしてきますよ。


あ、コラコラそこの研修医。

あなたが読んだらズルイでしょ。

だって本書は研修医に差をつけるバリバリナースのネタ本なんだからネ。

あ…いやいやみんなで読んでいいチームを組み、

救急を、いや日本を支えていきましょう。


本書読了後は救急車のサイレンが鳴ると、

バックグラウンドにあなたのテーマ音楽が流れる幻聴が聞こえるようになり、

アドレナリンが出て、つい救急室に行きたくなってしまう副作用が生じることがあります。

その際は無理に抵抗せず救急室に行って実力を発揮してください。

またセミナーに行って生の講演を聞きたくなるかも…でも漫談ショーじゃなくて、

あくまでも真面目なセミナーですから、芸人には会えませんよ! テヘペロ!


福井大学医学部附属病院 総合診療部 教授
林 寛之






















IMG_2432.jpg






お願い

ブログ更新を登録メールで受取る様にする場合

 スマホサイトでは、最下部付近の検索やプロフィルなどをのせた一覧に赤文字であります。

 PCサイトでは、右側の一覧に黒文字で有ります。






検索 当ブログ内のタイトルや文章内の文字






当ブログへのご注文や、お問い合わせ
















株式会社 本物研究所様 の販売店です。



ワンクリックで応援願います
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ついろぐ twilog

当社IDは、@nishikitoshioです

営業本部長の日々

旧ブログの一つです

当社 ユーチューブ 動画

当社はnishikitoshioのIDになります

ブログ更新を登録メールで受取る

登録された、メールに送ります

このブログ内 検索

ブログのタイトルだけでなく文章内の単語も検索できます

お問い合わせ

QRコード

スマートフォンで閲覧
QR

YAHOO ショッピング

楽天  ショッピング

 

Amazon  ショッピング

お役立ち コーナー

プロフィール

株式会社 サンタナアップ ホットライフ

Author:株式会社 サンタナアップ ホットライフ
 会社組織や一市民として社会になにがしか、お役にたてられる様に、健康や趣味、暮らし、活力や癒しを本物、一流、心のこもった商品、それに携わる人々の心情、信条、理念を探求してまいります。

 文章的に稚拙すぎて我ながら歯がゆい思いをしています。

 どうか皆さまから教えていただきたくお願いします。

 また、当方を通じてアマゾン様、楽天様、経由で商品ご購入の皆さまコメントの投稿などを通じて交流していきたく考えています。

 皆さまが嬉し、楽し、幸せを願ってこのブログが進化していくように努力してまいります。

 ご訪問ありがとうございます。